BLOG

第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 in新潟

2019/09/17

9月6日(金)~7日(土)、朱鷺メッセ新潟コンベンションセンターで開催されました第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会に参加してきました。


(新潟に向かうMaxときの車窓より…もうすぐ収穫?の季節ですね)


開会のご挨拶で会員数17,870名の大きな学会とお聞きしました。


金曜日の朝からすでに5,500名以上の来場者とのことでそれから2日間に渡り、ものすごい人にもまれながら…立ち見の講演もいくつか経験しました(笑)


(企業展示会場も終日すごい人でした!)


(ジーシー様のディスポ歯ブラシや、光るスポンジブラシ購入しました。興味ある方はDHPにて?)


(とにかくまずは自分で…日々形態や味も改良されていますね!企業の皆様ありがとうございました)

食べるを支える
~地域リハビリテーションの今・未来~
大会長は日本歯科大学/日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニックの菊田武先生


(大会長の菊谷武先生とご一緒に☺背中に“食べる”のポロがとってもお似合いでした)

大会プログラムの菊谷先生のご挨拶にもありましたが、私達は住み慣れた地域で、自分の家で、暮らし続けるためには、当たり前のようですが安心して食べ続けられることがとても大切ということを学ばせていただいた2日間でした。


(乳幼児の摂食障害?まだまだ勉強不足です)


(食べられことは本当に幸せ…ランチョンセミナーのお弁当?も美味しくいただきました?)

医師、歯科医師、看護師、歯科衛生士、言語聴覚士、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、臨床工学技士、社会福祉士、ケアマネージャー、ヘルパー…多く専門職の方の支えがあってこそですね。


(米山武義先生とご一緒に☺いつも変わらずお優しい先生で素晴らしいご講演でした)


(カムリエ様がこの学会の企業展示用に作成したサンプル?だそうです…クオリティー高くてビックリ?)


(医科歯科連携の素晴らしい学術大会でした)

ひとりの「生きる」を支えるチーム医療の皆さんの想い…
ひとりの「食べる」を支える家族の想い…
ひとりの「人生」に向き合い寄り添えるひとでありたいです(*^^*)


(新潟の美味しいお米?とお酒?しっかり味わってきました?)

投稿者:

横井節子