セミナー

第二種歯科感染管理者検定講習を行いました

2021/07/26

今年も7月16日(金)に取手歯科衛生専門学校、7月26日(月)につくば歯科福祉専門学校にて、NPO法人日本・アジア口腔保健支援機構(JAOS)の第二種歯科感染管理者検定講習を行いました。


第二種歯科感染管理者検定講習学校講義風景


2018年から毎年この時期に今年で4回目の開催となります。今回は、各校合わせて52名の2年年が臨床実習前の資格取得を目指しました。


第二種歯科感染管理者検定講習学校試験風景


また、各校ともに歯科感染管理の授業として2学年の前期カリキュラムにも入れていただき、資格取得の為だけでだけでなくしっかり基礎から学んでもらっています。


この長期コロナ禍において、この両校の学生は日常生活でも学校授業でもより身近に感染・予防・対策を学ぶことになり、学生の歯科感染管理への意識と資格取得への意欲は向上していると感じています


第二種歯科感染管理者検定講習学校試験後風景


昨年は他の歯科衛生士学校で新型コロナウイルス感染のクラスターが発生したことを踏まえながら、この厳しい現状をチャンスに変えるためにも、このように学校側の取り組みが資格取得と校内のクラスター防止にも役立っていると考えます。


第二種歯科感染管理者検定講習学校試験後風景


今後、多くの歯科衛生士学校でもこのような授業や資格取得を導入することで、学校施設内での感染対策強化や、学生にも、未来を担う学生達にこそ、より早い時期から感染管理の正しい知識と実践が身につくことを願っています。

投稿者:

横井節子