BLOG

漢方セミナーに参加してきました

2020/11/17

11月15日(日)、NPO法人日本・アジア口腔保健支援機構主催の漢方セミナーに終日参加してきました。


漢方入門シリーズ①の漢方を知る「証」を診るために知っておきたい事

~保険収載適応となっている漢方薬についての処方解説:排膿散及湯・立効散~


JAOS漢方セミナー


歯科でも保険診療で処方できる漢方薬がたくさんあることを知りました!


排膿散及湯...歯肉腫脹を伴う歯肉炎症に

立効散...慢性疼痛に 他


漢方の四診:望・聞・問・切

「患者が訴える全身の自覚症状を知る」


JAOS漢方セミナー

平成横浜病院口腔外科部長 横浜歯科漢方研究会副会長   品川 隆 先生


JAOS漢方セミナー

横浜薬科大学教授 東京医科大学医学部兼任教授   石毛 敦 先生


JAOS漢方セミナー

石毛先生の板書講義は、難しい漢方の講義もわかりやすく、“字が下手でも教授にまでなれるという自らの「証」を学生さんに伝えている”...とても素敵なお話もお聴きできました。


JAOS漢方セミナー

神奈川歯科大学臨床教授 とつかグリーン歯科理事長 横浜歯科漢方研究会会長   渡辺 秀司 先生



午前は医科と歯科の専門医から歯科でも投薬できる漢方薬の種類やその選択等、午後は参加の先生方と実際の患者症例での「証」見立てを学びました。歯科衛生士の立場から患者さんのお口から全身を知ることも大切ですね。


JAOS漢方セミナー

ご講演の先生方とご一緒に☺


ありがとうございました。

投稿者:

横井節子